安さをアピールポイントにしているLCC

現代の旅行で欠かせないキーワードの一つが「LCC」です。
ご存知の方も多いかと思われますが、「ローコストキャリア(Low Cost Carrier)」の略称で、簡単に言うと格安な航空券を販売する、安さをアピールポイントにしている航空会社です。

最近は価格破壊が進んでいますが、既存の航空会社はイメージを守るため、またいろいろなしがらみのためになかなか抜本的な値下げに踏み込めない。
「安さこそウリ」というなりふり構わないスタイルは、新しく立ち上げた会社でこそ打ち出せるものです。
LCCの特徴は、企業の努力がとにかく料金を安くすることに向けられているということでしょう。
旅行会社を通さずにインターネット経由で直接航空券を購入することができますが、これもコストダウンの為。
会社によりいろいろですが、座席指定や機内食、毛布や飲み物など、普通の航空会社で飛行機に乗ると当たり前のように受けられたサービスが、LCCでは有料という扱いになります。
逆に言えば、今までの航空券では受けられるサービスの料金が全て込みになっていた、ということです。
飛行機代が高いのではなく、それに付いてくる食事、飲み物、酒類、毛布、座席指定、音楽や映画を鑑賞するためのヘッドホン、などの料金が上乗せされていたんですね。

LCCが国内旅行で人気の訳は

近年、LCC(ローコストキャリア)と呼ばれる格安航空会社が人気で、大手航空会社にとって脅威にまでなっているようです。

手厚いサービスを売りにしていたこれまでの航空会社の方針と異なり、徹底したコストダウンを実現、航空券としては考えられなかった値段で手に入ります。
ただしコストカットために多くのサービスをオプション扱いにしていますから、機内飲食や毛布の利用、映画の閲覧など、これまで当たり前だと思われてきたサービスがすべて有料になります。
添乗員の愛想が悪いというのが一時期話題になりましたね。
それだけ人件費もコストダウンさせているということですので、利用には理解が必要です。
安く済ませるのが最大の目的でありますから、飛行機 予約をした人の体験談などを調べてみますと機内で飲食を利用する人もほとんどいないようです。
また座席数を確保するために、それぞれの座席が前後にも狭くなっているようです。
窓側の席では出入りに苦労するレベルだといいますが、コストダウンへの企業努力がそこまで徹底している、ということを楽しめるといいのではないでしょうか。
LCCは特に国内旅行において利用者が多いと言われています。
席についている時間が比較的短いので、多少シートが狭くても我慢できる、というのがその理由のようです。


更新情報