おいしいものを求めて国内旅行

旅行の楽しみといえばやはり食べ物ですよね。
私は、旅先でその土地ならではのおいしいものを食べるのが本当に好きです。
旅行の計画を立てるときには、どこで何を食べるかを最初に決めるくらいです。
おいしいものを食べられるのは、やはり海外旅行よりも国内旅行だと思います。
海外の、食事で、異国の文化を知るのも面白いですが、単純においしさを求めるとするならば断然国内旅行ですね。
日本人の口には日本の食事が一番合うのです。
北海道では、朝市で新鮮なウニ、いくら丼を食べ、香川で讃岐うどん、京都でおばんざいを食べて八つ橋をお土産に・・・。
沖縄のソーキそばや海ぶどうも忘れられません。
仙台の牛タンもおいしかったなぁ。
名古屋の手羽先や岩手のわんこそばは未経験なので是非食べてみたいです!
こうして、食に結び付けて考えるだけでも旅行の思い出や、次に行ってみたい場所が次々に思い浮かんできますよね。
今は、お取り寄せや百貨店のご当地フェアなどで、色々な土地の味を楽しむことが簡単にできるようになりましたが、やっぱり、その土地で食べてこそのおいしさもあるような気がします。
百貨店に並ばない、足を運んだ人だけが食べることのできる隠れた名店を探すのも楽しみの一つとなりますね。
これからもおいしいものを求めて国内旅行を楽しもうと思います。